wordpressサイト立ち上げの覚書 その⑦ サーバー引っ越し

カテゴリー: wordpress  タグ:

wordpressに乗り換えてサイトを作った覚書です。

https化したい

SSLを導入しhttps化したい。自分のスキル的にもサイトをリニューアルした今が、サイトについていろいろ覚えていてチャンスです。

SSLは三種類あるということで、https化目的ならまずは認証取得の容易な「ドメイン認証」で様子を見よう。

いままでお世話になっていたWADAXでは、SSLにコストがかかるので引っ越しを検討始めました。

なかなか決断つかないのでマインドマップで検討

自分で可能なのか?

引っ越しの理由付けがブレブレで何日も悩みました。そこで最近使い始めたeDrawの「MindMaster」でマインドマップもどきを描いてみました。

所有のvisio2003が古いので後継として購入したeDraw Maxとセット販売で購入したのが「MindMaster」ですが、マップを描くのが楽しくなるソフトです。こんなソフトがあったんですねぇ~。マインドマップ自体はずいぶん前に話題になったものです。普段使いでも役に立ちますが、気持ちがブレた時の対処に最適と思います。

検討用マップ これに肉付けしていこう

XSERVERにしてみよう

検討の結果、XSERVERにするかWADAXを継続するかの二択になり、自分のスキルアップのためにもサーバー移転を決意。

そして・・・、

軽い罪悪感とともにエックスサーバーへ移転しました。WADAXさん今までありがとうございました。経過と結果を書き足しました↓。

実際には試行した項目は、図よりかなり多く、各項で時間を費やしながらの作業でした。ただ解決策はネットで検索できますし、サーバー/ドメイン移管は、新旧サーバーのサポート内で滞りなく進行したことを強調しておきます。WADAXでは他社への移管についてもFAQ化してあり、わかりやすいものでした。

マップとガントチャートが同時に編集できる

移管期間については、ネット情報では一か月は見ておいた方が良い、とのことでしたが、今回の移転作業は5日ほどで完了。メールサーバーについては契約終了まで新旧二本立てでいきます。

一番ハマったのはリダイレクトとgoogleアナリティクスの設定変更です。

サイトのリダイレクトとは

自分の理解は下記です。今回は二種類あります。ネットに慣れている方にとっては、いまさら説明の必要はありませんが、

  • wordpressインストールフォルダを「public_html/wp/」としたため、ドメイン直でアクセスできずに、ドメイン/wp/でないとアクセスできない→トップへのアクセスを/wp/へ自動的に飛ばす
  • https化したため、http://www.~とhttp://~のアクセスに対し、https://~へ飛ばす作業のこと

設定後のタイムラグであったり、ブラウザのキャッシュだったり、hostsファイルの変更であったり、一番の原因は自身のスキルが足りないことですが、経験を貯めるしか解決できませんね。

細かいことですが

ドメインは管理者変更なので「移管」、サイトは引っ越しするので「移転」、DNSは「変更」。何度も試行しているうちに仕組みが少しづつわかったこと。

ネット初心者でも移転できたことが自信になる

実際の運用はこれからどんどん進める予定ですが、一つクリアしたことでちょっと自信がついたのと、今後の妄想が広がるばかりです。

サイトの閲覧者もあまりいないのに・・・。移転の参考まで。

以上