ESP32-WROOM用書き込み器をオートに改造

カテゴリー: ESP32  タグ:

ESP32-WROOM-32はDevkitCで使う分にはオート書き込みができて快適ですが、単体や3rdパーティのブレークアウトボードではIO0をLOWにしたままENをチョン、とやらなければロードできないのが多くて面倒です。

そこで秋月のUSBシリアル変換を改造し、オート書き込みができるようにしました。

とりあえずの対象は同じく秋月のAE-ESP32-WROOM-32E-MINIです。

※注)AE-ESP32-WROOM-32E-MINI単体で書き込むときはボードの改造も必要。

DevkitCの回路図と同じに改造するだけ

とくに新しいことではないので、淡々と説明します

FTDI系のDTR信号を使っている

DevkitCの回路図で下のような回路でENとIO0を制御しています

DevkitC回路図より抜粋

これをそのまま、秋月USBシリアル変換「AE-TTL-232R」に応用します。

DTRをQFNのピンから取り出す

実際の配線

QFNからDTRを取り出すのだけは老眼にはちとつらい作業でしたが、あとは蛇の目基板で延長して簡単な改造です。

注意点としては、秋月ボードの5番ピンはGNDに接続しているのでヘッダーのはんだ付けを切り離すことです。1番ピンはNCなのでそのままENにつないで大丈夫です。

とりあえず、VSCodeとPlatformIOの組み合わせで快適に使えてます。

お気軽にコメントをどうぞ。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)